• IR情報

    リスク情報

    事業等のリスク

     當社グループの経営成績及び財政狀態に影響を與える可能性のあるリスクについて、投資家の判斷に重要な影響を及ぼす可能性があると考えられる主な事項を記載しております。また、當社グループは、これらのリスク発生の可能性を認識した上で、発生の回避及び発生した場合の対応に努める所存であります。なお、本項に含まれている將來に関する事項は、當連結會計年度末現在において判斷したものであります。

    (1)特定顧客への依存度について

     當社グループの當連結會計年度における売上高の48.9%が三菱重工グループ、日本礙子グループ、LIXILグループの主要得意先3社グループで占められております。三菱重工グループからは、主に産業用ガスタービンエンジン部品の放電加工並びに表面処理の業務及び航空機エンジン部品、日本礙子グループからは、自動車排気ガス浄化用のセラミックスハニカム擔體を成形するためのセラミックスハニカム押出用金型、LIXILグループからは、アルミサッシを成形するためのアルミ押出用金型をそれぞれ受託しております。
     従って、これらの主要得意先の受注?生産動向や外注政策が大きく変動した場合は、當社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

    (2)製品の欠陥について

     當社グループは國際的品質管理基準であるISO9001などに基づいて品質の安定に努めております。しかし、すべての製品について欠陥が無く、將來に製造物責任賠償などが発生しないという保障はありません。製造物責任賠償については保険に加入しておりますが、大規模な製造物責任賠償につながるような製品の欠陥は、當社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

    (3)米國PRAXAIR SURFACE TECHNOLOGIES,INC.との技術提供契約の更新について

     當社は、米國のPRAXAIR SURFACE TECHNOLOGIES,INC.(舊SERMATECH INTERNATIONAL INC.)とのサーメテルコーティング等の表面処理の技術提攜契約により、これらのコーティング等の國內における実施権を得ております。主要なコーティング技術の契約期間は、一定期間ごとに自動更新となっておりますが、萬一、これらの契約が更新されない場合は、當社の業績に影響を及ぼす可能性があります。

    (4)自然災害等について

     地震や臺風等の自然災害によって、當社グループの生産拠點に甚大な被害を被る可能性があります。
     當社グループの生産拠點は神奈川県に3箇所、愛知県に3箇所、岡山県、千葉県、福井県に各1箇所あり、また、海外においてはタイ國に1箇所、中國に1箇所あり、それぞれ定期的な災害防止活動や設備點検等を行っておりますが、これらの災害による影響を完全に防止又は軽減できる保障はありません。特に生産拠點が関東地區から中部地區に集中しており、大規模な東海地震などが発生した場合は、生産能力に影響を及ぼす可能性があります。

    (5)生産性の向上、コスト削減が進まない場合について

     當社グループは、加工技術?加工治具?専用機の開発などによって生産性の向上、コスト削減に努めておりますが、有能な人材の流出や原材料の高騰等があった場合に開発が進まず生産性の向上が図られない場合は、當社グループの業績に影響を及ぼす可能性があります。

    (6)資金調達

     當社グループは、將來見通しも含めた金利動向を勘案して資金調達を実施しており、低利?安定資金の確保に努めておりますが、金利の大幅な変動をはじめとする金融市場の狀況変化は、將來における當社グループの経営成績に影響を及ぼす可能性があります。

    (7)情報セキュリティ

     當社グループは、事業の遂行を通して顧客等の機密情報に多數接しているほか、當社グループの技術?営業?その他事業に関する機密情報を保有しており、安全管理に努めておりますが、コンピュータウィルスの感染や不正アクセスその他不測の事態により、機密情報が滅失若しくは社外に漏洩した場合、當社グループの事業に影響を及ぼす可能性があります。

    • 放電精密加工の詳しい資料
    • 製品?サービスの詳しい資料をお送りします
    • 資料請求はこちら
    GTR演变知识网